池上線フォト散歩 荏原中延~旗の台(1)

東急池上線 フォト散歩

というわけで、荏原中延駅です。PENTAX K-3IIIとHD DA15mm, SIGMA30mm, FA77mmの「単焦点しばり」フォト散歩を開始しましょう。

品川区の丘陵地帯を走る池上線はこの付近一帯が1989年に地下化され、荏原中延駅は現在は地下駅となっています。

駅前付近、地上を走っていたころの線路敷地と思しき辺りには飲食店が軒を連ねています。どの店も感染症禍の影響から少し立ち直りつつある様子(チャーハン美味でした!)で何より。しかし、ぱっと見の第一印象は、飲食店街というよりも駐輪場(どうも不法放置の様子 苦笑)。

この”駐輪場”の先で、東急が地下から掘割りに出て顔を出しているのを見つけました。

駅前からすぐに人通りの多い商店街になっていて、駅を出て左手方向に向かうと、都営浅草線や東急大井町線の中延駅の方まで「なかのぶスキップロード商店街」のアーケードが続いています。

「荏原」と「中延」という2つの街の名を冠する駅らしく、右手方向に向かうと商店街の名前が変わります。こちらは「サンモールえばら」

オープンエアな商店街なので、青空が綺麗ですが、空を見上げると住宅密集地特有のアレが結構目立ちます。

なかなか壮観、とも言える。

2つの商店街のどちらにも向かわず、90度曲がって別方向に進むと「昭和通り」というこれまた別の商店街。この付近どうも商店街密集地帯でもあるようです。

目の前の行列は、人気ラーメン店「井田商店」さんの入店を外で待つ人の列でした。

で、次の目的地の旗の台駅方面に向かうべく、この昭和通りを直進したわけですが、そこで我々取材班は意外なものと遭遇してしまったのでした。

このつづきは次回。

タイトルとURLをコピーしました