ソフトウェア

ソフトウェア

PhotoLab7導入しました

少し前の記事でも触れた通り、DxO PhotoLab7を1か月近く試用してじっくり検討しました。その結果、RAW現像・加工ツールとして新たに導入して使うことを決めました。 RAW現像については、この2年あまりARTを主力で使ってきました。これはフリーであるにもかかわら...
ソフトウェア

DxO PhotoLab7 が気になってきた

ふとしたきっかけでこれまでチェックしていなかったRAW現像ツール、DxO PhotoLabを知りました。すでに先月末に体験版PhotoLab7を入手済みで触りはじめたところで、ためしに前々回の記事で上野公園で撮ったあたりからこのツールで写真を仕上げてみています。 公式...
ソフトウェア

画像管理ツール digiKam がなかなか良い

以前は撮った写真のデータ保管場所をFlickrにしていましたがSmugMugに乗り換えて、昨年からはそのSmugMugも引き払って単純なクラウドストレージ保管に変えてしまいました。時を同じくしてRaw現像ツールをLightroomからフリーのRawTherapeeそし...
ソフトウェア

LUMIX GF10とPCをwifi接続するための覚書

現行機種とはいえGF10の発売は2018年ですから、もはやネットでこのネタが記事になることも少ないでしょう。かなり時宜を逸している可能性が高いですが、世のため人のためにこれだけは是非書いておかなきゃ、と思った小ネタです。 私の週末の貴重な数時間を奪った苦労の対価として...
ソフトウェア

PENTAX「夏天」風プロファイルの自作

というわけで、さっそくARTを使ってPENTAX「夏天」風の自作プロファイル作りに挑戦しました。うまくいけば、メーカー指定のレンズでなくても「夏天」仕上げができるようになるぞ、と。 「夏天」がカメラのメニュー画面上でどのように表示されるか、リコーさんのサイトにもこのよ...
ソフトウェア

祝 Leica DG 50-200 Lensfun収録

関係ない人にはとことんどうでもいい、小ネタです。 でも私には小さくない嬉しいニュース。 気が付くのが少し遅れたのですが、Lensfunのアップデートで、LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm がめでたくデータベースに登録されました。 マイクロフ...
ソフトウェア

バージョンアップ2題

このところあまり撮り歩きができていないので、今回はちょっとした埋め草記事(笑)です。3月に入って、私のフォトライフ環境で起きた2つのソフトウェア・バージョンアップについて。 まず、PENTAX K-3IIIのファームアップ。こいつですね。 公式発表によれば、 【機能拡...