K-3 III そろそろ旗幟鮮明にしておかねば

カメラとレンズ

いやあ、下がりそうで下がりませんね。このブログの話題ですから、アメリカの株式市場の話ではありません。PENTAX K-3 markIII の実勢価格の話です。この記事を書いてる日の時点でアマゾンの販売価格(ボディ・ブラック)が248,000円。

えらく評判の良いフラッグシップ機です。発売3ヶ月でいまだにネガティブ情報があまり出てこないところを見ても、ほんとに良いカメラなんでしょうね。

カメラメーカーが高価格帯で繰り広げる高性能競争には庶民ユーザーとしてついていけないので、わたしは永世ビギナー写真愛好家としてPENTAX KP以上のものは望みません、PENTAXさんに生き延びてもらって末永くよろしく、といスタンスでした。

しかし、うーん、フラッグシップK-3 IIIです。これは弱ったな。かなりお高いギアだが、やっぱり欲しいな。KPで親指AF-Cでピントを外しまくっているわたしとしては、 AFが他社機並みに強化された(らしい)このカメラは欲しい。

店頭で触ってみて、カタログ性能以外の点でも、評判のファインダー視野の快適さやシャッターフィールの良さは確かに感じました。さすがにちょいと重いと思ったけど、握りこんだ時に質量の「みっしり」した感じは嫌いじゃない。

PENTAXと共に生きるんなら手に入れない選択肢はあり得ないか。しかし無い袖は振れない。予算がなあ・・・。

ぐだぐだ言ってないで、ここらで旗幟鮮明にしておかないといけないでしょうね。

わたし、このカメラはいずれ買います(宣言)。この秋か、年末か、はたまた来年の春になるか、もっと先まで粘って中古で手に入れることになるか、わかりませんが、経済状況を含めた周辺環境の調整がうまくいったアカツキには、しっかり手に入れたいと思います。

待ってろよ!

タイトルとURLをコピーしました