ブリック スクエア

LUMIX G で撮る

東京都千代田区丸の内2丁目6−1、丸の内仲通りと大名小路にはさまれたこの一角に丸の内ブリックスクエアという商業ビル(B1F~4F)があります。一体となって連なっている高層の丸の内パークビルの方には三菱商事や日本製鉄の本社が入居していて、いわゆる「丸の内OL」のバリバリの総本山のひとつですが、今回フォト散歩で訪ねてみたのはブリックスクエアのほう。

四角い大箱のビルがブロックを埋め尽くす都心街区で、スクエアという名前の通りブロックの中にちょっとした広場が作られている異色の造り。丸の内仲通側にはこんな風景で入口が開いています。

ヨーロッパの都市によくある「中庭」的なものを、丸の内で作ってみるとこうなった、という感じかなあ。

入って行くと、申し訳程度ではない、緑深い本当の中庭が拓けていてちょっと驚きます。

中庭に面して古風なレンガ作りの三菱一号館美術館が建っていて、庭の趣をさらに深めています。

ちょうど薔薇の季節です。

知人から「丸の内で薔薇と煉瓦造りの美術館、という絵が撮れるよ」と聞いたのがそもそもここへやってきた動機なので(笑)、大満足です。

中庭で空を見上げると、煉瓦造りと超高層ビルが向かい合う、なんとも不思議な風景。

美術館はこの日はあいにく展示替え中で見学は叶いませんでしたが、一度ちゃんと来てみたいものです。

イメージが散漫になるかなと思いブログ掲載写真には含めませんでしたが、中庭に面してたくさんの飲食店がテラス席を広げていて、ランチタイム/ティータイムは近隣のオフィスワーカーや訪問客、それに私のような行楽(?)客で賑わっているようです。丸の内でこの開放感は貴重でしょう。

メニューを覗いてみたら、さすが丸の内OL御用達という、緊張感のあるお値段ではありましたが、

最後にもう一度、足元の薔薇を撮っておきます。

というわけで、丸の内ブリックスクエア中庭散歩の巻でした。

使用した機材:LUMIX G99, Leica DG12-60, LUMIX G FISHEYE8

タイトルとURLをコピーしました